引越し ワンストップサービス

引越しのワンストップサービスについて

引越しワンストップサービス

 

とある引越し業者のホームページを見ていると、引越しワンストップサービスという言葉を見つけました。
なんだろうと思って調べたら、現在(2019年)開発中の国家プロジェクトでした。

 

引越しは荷物を新居に運べば終了・・・ではありません。
いろいろな書類を役所に提出したり、電気・ガス・水道・ネット・郵便局などの会社に一社ずつ連絡をして住所変更をしなければなりません。

 

荷物を運ぶ以外にもすることが沢山あります。

 

これらの面倒な手続きを一度で簡単に済ませられるようにしようと国が主体となって計画しているのが「引越しワンストップサービス」なのです。

 

ではどんなことが出来るようになるのでしょう?

 

引越しワンストップサービスは引越しの際に必要な手続きをウェブサイトから一括申請できるというサービスです。

 

市町村役場への各種届出や年金の住所変更
電気・ガス・水道などの住所変更手続き
銀行口座や保険や郵便局などの住所変更手続き

 

このような住所変更が一気に出来るようなシステムを作ろうとしています。
そしてこのワンストップサービスには、マイナンバーを利用するつもりだそうです。だから国が主体なんですね。

 

まずは引越し前にウェブサイトにアクセスして仮申請を行い、引越し後に市区町村役場でマイナンバーの情報を更新します。
するとマイナンバーの審査が行われて、問題なく無事に申請が通ったらネットで一括手続きが可能となる仕組みです。

 

実現すればすごく便利ですがなんせマイナンバーを使っているためセキュリティーは確かなものでなければなりません。
そういうわけで、実現するまでにはもう少し時間がかかりそうです。