冷蔵庫 引越し 挨拶

引越しの挨拶

引越し 挨拶

 

引越しのあいさつは、引越し前か引越し当日に行くのが一般的なのだそうです。
当日は無理でも、遅くても引越し翌日までには行きましょう。

 

なぜそんなに早いのかと言いますと、引越しのときは駐車場や道路に引越し業者のトラックを停めて交通を妨げる場合があります。
また何人ものスタッフが入りますから、足音もうるさく「騒がしくてすみません」という意味合いもあるのです。

 

ですから挨拶に行くのが引越し日でないと気持ちがこもりにくいのです。
そしてもうひとつは、後回しにするほど挨拶に行くのが面倒になるからです。

 

ではどこまで挨拶に行くのがいいのでしょう?

 

一軒家なら向こう3軒両隣、マンションやアパートなら左右・上下の部屋に挨拶に行きましょう。

 

何も持たずに挨拶だけ行く方もいますが、初対面ですから熨斗に「御挨拶・氏名」を書いた粗品を渡すと、名前も憶えてもらいやすくでオススメです。

 

粗品は高級である必要はありません。
500〜1000円程度のお菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの証も品や日用品などが人気です。

 

第一印象を良くするためにも挨拶には行ってくださいね。