冷蔵庫 引越し 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミ

引越し 粗大ゴミ

 

ある日突然家電が壊れた経験はありませんか?
そうしているうちに2個、3個と家電の故障が続いたりします。

 

そして買い替えるものもあれば、買い替えずに放置されるものも。
気が付くと家の中に動かない家電が何個か存在していたりするものです。

 

引越しの際はこんな壊れた家電や傷んでしまった家具を処分する絶好のチャンスです。

 

家電を捨てる場合、家電リサイクル法で定められた家電は、ほかの粗大ゴミとは廃棄方法が違うのでご注意ください。
家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。

 

これらの家電を処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要ですが、もし買ったお店が近くない場合やお店が無くなってしまった場合はお住いの自治体に相談してみましょう。

 

その他の家電や大きな家具、いわゆる粗大ごみはどうやって廃棄するものなのでしょう?
方法は2通りあります。

 

@回収に来てもらう方法(有料)、A自分で持って行く方法(無料)です。

 

@回収に来てもらう方法ですが、まず粗大ゴミ処理施設に電話で連絡をして回収に来てもらう日を予約します。
予約出来たらコンビニなどで「粗大ゴミシール」を買って貼り付けておきます。
粗大ゴミシールは処分したい家財の種類によって値段が違いますのでHPなどで確認してください。
あとは指定日時までに指定場所に置いておけば、回収に来てくれます。

 

A自分で持って行く方法の場合でも電話で予約が必要です。
いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くかを聞かれますので、メモを作っておくと便利ですよ。

 

そして予約した日時に粗大ごみの処理センターに持っていきます。廃棄する前と後で車の重さを量ります。
自分で処理施設まで持って行く場合(個人の場合)は、粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

しかし、粗大ごみの処分方法はお住いの自治体によってかなり違いがありますので、詳しい事は役所のホームページでご確認ください。