冷蔵庫 クレーン 周波数

引越しと周波数

引越し 周波数

 

日本では、「静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツ」の電気が送られています。
電源周波数が2種類あることは、中学校の理科で習ったことがあるかもしれませんが、普段の生活ではなかなか実感が沸かないことですね。

 

しかし引越しの際にこのラインを超えると、ちょっと面倒なことが起こります。
@そのまま使える家電 Aそのまま使えるが性能が変わる家電 Bそのまま使えない家電の3種類の家電があるのです。

 

@周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

A周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

Bそのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

モーター内臓の家電は特に影響を受けやすいようです。

 

しかし最近ではメーカーも回路のインバーター化を行って、50Hz・60Hz共用タイプいわゆるヘルツフリーの家電を作っています。
インバーターが内蔵された家電は、電源周波数に関係なく使用できる機器です。

 

電源周波数がいくつで設定された家電なのかは、取扱い説明書で確認してください。

 

 

 

<表示例>
50Hz
(50Hz専用)
60Hz
(60Hz専用)
50/60Hz
(50Hz・60Hz共用)
__________________
インバーターとはモータの電源周波数を自在に変えることでモータの回転数を制御する装置のことです。

 

 

 

日本で電気が使われるようになったのは、明治時代に入ってからのこと。そのころの日本は、電気をつくるための発電機を、外国から輸入しなければならなかったんだ。そして、東京には「ドイツ製」の発電機が、大阪には「アメリカ製」の発電機がそれぞれ輸入され、電気をつくりはじめたんだ。ところが、東京にやってきたドイツ製の発電機は、周波数が「50Hz」の電気を、大阪にやってきたアメリカ製の発電機は、周波数が「60Hz」の電気をつくる発電機だったんだ。やがて、大阪と東京を中心に「50Hz」と「60Hz」という2つの周波数の電気がたくさんつくられるようになり、そのまま全国に広がってしまったんだ。